サクラは終わりの方ですが他のバラ科の花も咲き始めています。
種類ごとに咲く時期が異なるというのも多様性があっておもしろいですね。😄
P1060087
梅の花です。
3月中には咲き始め開花時期は結構長いです。
多少寒くても開花させ受粉の期間を多く取ろうという戦略ですか。


P1060085
杏です。
こちらはサクラよりも早めです。花だけだと桃との区別がつきません。


P1060089
ハーコットです。西洋大実杏のことです。
杏の仲間でウメや桃より花びらが大きいです。


P1060090
洋ナシです。
実も黄緑色しているので花と実は総じて同じ場合が多いでですね。


P1060091
サクラ ソメイヨシノです。
地味な実をつけますが食べられません。でも採蜜のためミツバチが訪れています。あくまでも観賞用に育てられた木ですね。
比べてみればわかりますが他のバラ科の花よりも花びらの形がしっかり解って美しいですね。
改めて感心しました。😅


ちなみに信州ではリンゴの花はまだ咲いていません。2週間後くらいからでしょうか。


こうしてみてみると、春の花ってバラ科の花が次から次へと種類を替えて咲き乱れるので日本の春はいいなと改めて思います。
花の咲かない所の春ってどんなのか想像できません。😄